《おすすめ妊活マカ》妊活と排卵に効果的なマカサプリ e排卵.com

効果と人気が高い妊活マカサプリで妊活と排卵の悩みを解決!妊活卒業ママおすすめの妊活マカランキング。妊活マカ口コミ体験談と排卵とのマカの関わりについてまとめています。

*

卵巣機能が低下するのはどんな時?


卵巣機能が低下するのはどんな時
妊娠を望むかどうかにかかわらず女性の健康の鍵を握っている臓器・卵巣。
小さな臓器ですがさまざまな働きをしているのをご存じでしょうか。今回は、卵巣が担っている働きと卵巣の機能低下によって起こる症状についてご紹介します。

卵巣ってどんな臓器なの?

卵巣は生殖機能を持つ臓器のひとつで、生命のもとである卵子を作り出しています。
子宮の両側にあり、うずらの卵程度の大きさをしています。

女性が母親のお腹の中にいる時から原始卵胞という卵子のもとになる単細胞を内部にもっており、排卵のために成長していくまでは栄養分を与えながら眠らせた状態で保護しています。

卵巣と女性ホルモンの関係

前述したように、女性が母親のお腹の中にいる胎児の頃から卵巣の中には卵子のもとである原始卵胞をもっています。
その数は数百万個あります。

出生して思春期になるまでは原始卵胞は休眠した状態ですが、思春期になり妊娠出産ができるまで生殖機能が成長すると原始卵胞はホルモンの作用によって毎月約20個が成長し、そのうちの1個が成熟卵胞となって排出されます(時には数個の場合もあります)。

これがいわゆる排卵ですね。

排卵は通常左右の卵巣から交互に行われますが、片側から続けて排卵したり左右不規則に排卵することも珍しくありません。

卵子を成長させ排卵させるという働き以外に、女性ホルモンを分泌するという大切な働きも担っています。

脳の視床下部から「卵子を成長させなさい」という指令を受けると、妊娠するために必要な体の変化を促す卵胞ホルモンや黄体ホルモンを適度に分泌します。

女性ホルモンは妊娠するためだけでなく、女性らしい体つきをつくったり生理周期を順調に繰り返すなど女性の健康や機能を最大限に生かすためのもの。

その分泌のために日々動いている重要な器官なのです。

卵巣の働きが低下するのはどんな時?

このように卵巣は女性にとってとても大切な働きを休みなく行っています。

逆にいえば、そんな卵巣の働きが低下すると体にはさまざまな影響が出てきます。

卵巣の機能低下によって影響を受けるのは卵子です。
脳の視床下部からの命令を卵巣がうまく受け取れない、また女性ホルモンをうまく分泌できないといったことがおきると、卵巣内にある原始卵胞は成長しにくく、排卵が難しくなることがあります。

成長が遅い卵子は排卵できても卵子の質そのものが低下していることが多いといわれています。

また排卵そのものができなくなる場合もあります。
こうした状況になると、卵子が卵巣から卵管へと移動すること、精子と出会い受精することも難しくなり、妊娠しにくさにつながっていきます。

加齢だけではなく、若い女性でも卵巣機能低下になるプレ更年期障害

また、加齢による卵巣の働きの低下は自然現象なのでとめられませんが、20〜30代の若い女性でも卵巣の働きが低下することがあります。

ストレスや過激なダイエット、喫煙、栄養バランスの崩れた食生活などがその原因として挙げられます。

イライラしたりのぼせたり、動悸や肩こり・頭痛・疲れ・うつ状態など更年期障害に見られるような症状が出ます。

こうした状態は「プレ更年期障害」とよばれ、疾患というよりも不定愁訴に近い扱いとされています。
更年期障害とは根本的に原因が異なるため、原因となっている生活習慣を改善することで軽快していくことも多いです。

妊娠を考えていない時には排卵という現象を意識することはあまりありませんが、いざ妊娠したいと思った時には妊娠率を左右するとても重要な問題になりますね。

現代女性は一生の妊娠出産回数が少ないため、生涯の生理回数は50年前の女性に比べて約10倍だといわれています。

それだけ卵子の成長のために卵巣が働き続けている、つまり酷使されているということ。
今の、そして将来ママになるために、卵巣にやさしい生活を日頃からから心がけていきたいですね。

良い卵子を排卵したい人・基礎体温を整えたい人、子宮内膜を厚くしたい人は「妊活マカ」がマストアイテム

排卵を起こすのは卵巣ではなく「脳」

排卵とホルモンの関係

排卵は卵巣で起こります。でも、その指令を出すのは「脳」。

卵巣は脳から2つの性腺刺激ホルモンの指令を受けています。
視床下部の指令により下垂体から分泌されるホルモンにより卵胞の成熟、排卵、子宮内膜の増殖、黄体化、基礎体温の高温化などがおこるのです。

つまり、このホルモンの分泌がうまくいかないと排卵障害を招くことになります。

↑卵子の成長、子宮内膜の肥厚、排卵促進、着床準備、黄体化、高温期の維持。

全てが繋がっていることがわかります。

LHとFSHなどホルモンのバランスを整えることの重要性はここなのです。

ホルモンのバランスが整うとどんな事が起こるの?

ホルモンはこんな役割があります
子宮内膜が厚くなる
排卵時期が安定する
排卵後基礎体温がしっかりと上がる
基礎体温の改善
高温期の維持
卵胞の発育を促す
黄体機能の改善
LHサージが起こる
生理不順の改善

ホルモンが整うことでこれらのことが期待できるのです。

なぜならば、「生理〜排卵〜着床〜妊娠」まで様々なホルモンが卵胞の成熟や排卵、薄い子宮内膜を排卵後厚くするなどの役割をもっているからです。

>>生理周期・ホルモンの絶妙なバランス・排卵〜着床までの関係

マカを与えたラットの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の血中濃度を測定結果に注目!

「妊活にマカが良い理由」とされる注目の研究結果を知っていますか?

ラットに軽いストレスを与える環境下で、一方のラットにはマカを食べさせ、もう一方のラットにはマカを与えないという実験が行われました。

そしてそれぞれのラットの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の血中濃度を測定すると…。

マカでLHが上昇 マカでFSHが上昇
驚きの研究結果は…

マカを服用したラットは、マカを服用していないラットと比べると
●黄体形成ホルモン(LH)が4.5倍に上昇
●妊娠可能な卵子にするために必要な卵胞刺激ホルモン(FSH)は19倍上昇

という結果が出ました。
※ イギリス学術誌「Journal of Ethnopharmacology」掲載
中村学園大学 大学院・栄養科学研究科 内山文昭教授
※実験には株式会社ヤマノのマカを使用
http://researchmap.jp/2013/

LHとFSHは生理や基礎体温、排卵、卵子の発育に大いに影響を与えるホルモンです。

私が妊活中の方にマカサプリをファーストチョイスして欲しい理由はココなのです。

妊活・排卵のためにはどのマカサプリがいいの?

数々あるマカサプリ。その中でも私も飲見比べの上一番信頼し友人にもすすめているのが「ハグクミの恵み」です。

>>私の「ハグクミの恵み」口コミレビューはこちら→



「ベンジルグルコシノレート」が一般的なマカと比べて十数倍も多く入っていることとザクロが入っていることが私の決め手でした。

薬理効果が期待される成分「ベンジルグルコシノレート」

ハグクミの恵みは日本産マカを使っているので、マカの成分の中で注目されている「ベンジルグルコシノレート」が一般的なマカと比べ十数倍も多く含有されています。

このベンジルグルコシノレートは成長ホルモンの分泌を促進させ、滋養強壮、女性ホルモン分泌の促進を助ける注目成分と呼ばれ注目されています。

通常のマカの数倍の栄養素を全絞りしているから高純度・濃厚

「マカザクロサプリメント ハグクミの恵み恵」は一般的なマカと比べ、アルギニンが4倍、ギャバやリジン、プロリンも多くなっています。

その他、ミネラル・トリプトファン・リジン・亜鉛・サポニンもたっぷり含有され、ザクロエキスが配合されていることにより女性にはとても大切な巡りもサポートしてくれます。

ザクロの注目点はココ!

ザクロは植物性エストロゲン様物質と豊富なポリフェノールが配合されているので、「女性らしさ」と「バランス」に影響を与えるスーパーフルーツとも呼ばれています。

数あるマカの全体生産量の中でたった5%しか採れない「アンデス産地の希少な黒マカ」を配合

この「黒マカ」がハグクミの恵みの栄養素がすぐれている理由のひとつ。
「黒マカ」は通常のマカと比べてアルギニンの量が多いのを知っていましたか?
アルギニンは「アミノ酸の父」と呼ばれ、その特徴はヒト成長ホルモンの分泌促進と免疫力の保持です。

脳の視床下部や脳下垂体の働きを調整して体内のホルモン分泌を調整します。
黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンなどの女性ホルモンバランスのバランスを調整
このホルモンの乱れが無いことが、「卵子の発育、排卵、着床」の条件となります。

マカサプリは「ホルモンの分泌とバランスの調整作用」が特徴

マカでLHが上昇 マカでFSHが上昇

女性の体のサイクルはホルモンに支配されています。

「生理〜排卵〜着床〜妊娠」まで様々なホルモンが卵胞の成熟や排卵、次のホルモンの形成とつながっているんです。

排卵日がバラバラだったり、生理不順だったりなかなか高温期が安定しない場合はホルモンのバランスが乱れているのかもしれません。

そんな悩みをお持ちの方におすすめなのがマカなのです。


先着300名限定!

期間限定の特別キャンペーン中!毎月先着300名限定で初回60%OFFの特別価格2,980円からはじめられます。
このキャンペーンのすごい所は2回目以降も継続して割引になるところです。
2回目以降は20%OFFで買えますのでキャンペーン中にはじめられた方が絶対にお得です!

排卵とマカの関係まとめ

私が妊活中の方にマカサプリをファーストチョイスして欲しい理由は、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)などのホルモンバランスを整えて排卵〜受精〜着床までをしっかりと安定させるため。
ホルモンバランスを整え、まずは排卵を安定させることが妊娠への近道です。


\ 今なら初回「約60%オフ」でおトク! /

口コミと詳細は ハグクミの恵み公式サイトへ

マカでホルモンを整えたら、次は「妊娠の大敵!冷えの対策」を。

温果実代表選手ザクロ+酵素のチカラで基礎体温をUP!

マカでホルモンを整えたら、次は「妊娠の大敵!冷えの対策」を。
「若榴da檸檬」は温果物代表である「国産ザクロ」と、血流を改善する「ヘスペリジン」が多く含まれている「青檸檬」、ポリフェノールが普通のぶどうの10倍も含まれている「国産山ぶどう」を使い、酵素化させたドリンク。
基礎体温を高くしたい方におすすめです。

温果実代表選手ザクロ+酵素のチカラで基礎体温をUP!

クレオパトラにも愛されたザクロ。

滋養豊富なプラセンタが含有される希少な若摘み若榴ざくろ、レモン果汁の20倍以上を含有するレモンポリフェノールであるエリオシトリンで注目の国産の若摘み青レモン、一般的なブドウの10倍ものポリフェノールを含有する山葡萄などの酵素化に成功した「若榴da檸檬」。

ザクロと希少な国産青レモンを醗酵させ酵素化(栄養の吸収率が高まります)させた妊活ドリンクが今女性誌などで人気です。

青レモンに含まれる「ヘスペリジン」は新陳代謝を高め冷えを撃退。

「ヘスペリジン」血流を改善する成分でもあり、特に青いレモンにはミカンの3倍以上のヘスペリジンが含まれています。

さらに、国産山ぶどうと山野草(ファイトケミカル)を加え、1年じっくり熟成・醗酵させた妊活ドリンクです。

山ぶどうは、普通のブドウと比べると約10倍のポリフェノール、3倍の鉄分、4倍のビタミンCを含む優れた食品です。

古くから造血と疲労にとても良いとされています。

温果実を生で摂ると消化のためにさまざまなパワーが必要

「若榴da檸檬」なら消化酵素にも負担をかけず、栄養が吸収されやすくなり体温も上がりやすく!?

妊娠前だけでなく、産後の疲労回復、授乳期の栄養補給の時期にも飲めるのがうれしいです。

先着200名限定!

期間限定の特別キャンペーン中!先着200名限定で初回10%OFF、1,500円分のポイント、ミニボトル2本(1,200円分)プレゼント。3,830円分もお得です。
定期購入で先着200名だけがお得に購入ができるこのキャンペーンのすごい所は2回目以降も継続して割引になるところです。
2回目以降も10%OFFで買えますのでキャンペーン中にはじめられた方が絶対にお得です!

1,500円分のポイント、ミニボトルはアンケートに答えるだけだから簡単です。

若榴da檸檬 ザクロで温活、冷えを改善

地元の国立大学と10年以上も共同研究し作られた妊活ドリンク。

残留農薬、放射能物質検査も実施済みで安心安全に飲用できます。
購入回数に制限がないのでいつでも休止や解約が出来るのも安心です。

若榴da檸檬

\ 今なら初回「3,830円分」もおトク! /

口コミと詳細は 若榴da檸檬 公式サイトへ
排卵に関するこんな悩みで困っていませんか?

排卵がずれる排卵が早まる・排卵が遅れる
高温期の体温が下がってしまう
卵胞発育不全ぎみ
黄体機能不全ぎみ
排卵検査薬が陽性にならない
排卵検査薬が薄い
排卵後基礎体温があがらない
生理が不規則(生理不順)
高温期が短い
基礎体温がガタガタ
なかなか高温期にならない
高温期が短い
子宮内膜が薄い

これらの悩みは、FSHとLHが大きく関与しています。
マカには、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。


だから私は妊活中、最初のサプリはマカを選びました。

妊活卒業生の管理人が、妊活中どうしてマカサプリを選んだのかをくわしくまとめてあります。
選んだ決め手とその理由は「ホルモンバランスを整えたいから。卵子の成長と排卵が妊活の基本だからです。」
どうしてマカを選んだのかをできるだけくわしく書いたつもりです。

私もかつてのあなたと同じ悩みがあったから。
皆さんの参考になると嬉しいです…(*´ ˘ `*)♡ e-排卵 卵子を育て良い排卵と着床を目指す「マカサプリ」の選び方

 - 排卵の基礎知識

  関連記事

基礎体温の高温期が短い
基礎体温の高温期が短い

体のリズムをつかむために基礎体温を測っている人が増えてきました。 基礎体温のデー …

卵胞発育不全とは?
卵胞発育不全とは?

妊娠が成立するにはさまざまなハードルがありますが、まず初めのハードルは健康な卵子 …

高温期の途中で体温が下がる時に考えられること
高温期の途中で体温が下がる時に考えられること

基礎体温は妊娠をめざす人にとって体調を把握するための重要なデータが得られるもので …

基礎体温がいつまでたっても上がらない場合
基礎体温がいつまでたっても上がらない場合

妊娠したい人にとって、基礎体温のデータがとても参考になるものだということは徐々に …

排卵後、基礎体温があがらない・高温期にならない
排卵後、基礎体温があがらない・高温期にならない

妊娠をするために排卵日の予測をしたいから基礎体温を測っているという人が増えてきて …

排卵検査薬の使い方
排卵検査薬の使い方

いつ排卵が起きるかを知りたい人にとって便利なアイテムが排卵検査薬。 最近は精度が …

卵胞発育不全の原因と対策
卵胞発育不全の原因と対策

妊娠を望んでいる人にとって、自分の卵子が健康に発育しているかどうかは気になる問題 …

卵胞・卵子の発育と生理周期の関係
卵胞・卵子の発育と生理周期の関係

ひとつの生理周期の前半は卵子の成長期間ですが、この期間が生理周期が安定するかどう …

生理周期が不規則で排卵が予測できない場合
生理周期が不規則で排卵が予測できない場合は

生理不順に悩んだりかつて悩んでいた経験がある女性は、なんと8割にものぼるのだとか …

排卵検査薬が陽性にならない
排卵検査薬が陽性にならない

妊娠したい人にとって排卵検査薬は手軽に排卵のタイミングをつかめるツールです。 し …