《おすすめ妊活マカ》妊活と排卵に効果的なマカサプリ e排卵.com

効果と人気が高い妊活マカサプリで妊活と排卵の悩みを解決!妊活卒業ママおすすめの妊活マカランキング。妊活マカ口コミ体験談と排卵とのマカの関わりについてまとめています。

*

排卵痛と排卵出血


排卵痛と排卵出血
生理周期のほぼ真ん中で起きる排卵の時期は、2種類の女性ホルモンの分泌バランスが入れ替わるため体調にいろいろな変化がおきやすい時期です。

出てくる症状の中でも特に悩ましいのが排卵痛と排卵出血ですね。

そこで今回はこの2つの症状について詳しくご紹介します。

排卵痛や排卵出血は排卵による刺激で起こる

排卵痛とは、いわゆる排卵時の刺激によって起こる痛みです。

女性は母親の胎内にいる頃からその卵巣の中に約200万個もの卵子をもっていて、出生してから初潮が始まるまで卵子は休眠状態になっています。

体が成長すると、妊娠するためのさまざまな働きが始まります。

女性ホルモンによって複数の卵子が卵胞と呼ばれる袋の中で成長していき、2週間前後でそのうちの1つが成熟した卵胞になります(体質によっては複数個が成熟卵胞になることもあります)。

この成熟した卵胞が破れて中から卵子が飛び出す状況を排卵といいます。

つまり体が健康であれば、女性の体内では毎月1回卵巣の表面が破れる現象が起きていることになりますね。

通常の排卵でも卵巣の表面が破れるのでわずかながら出血します。
ただし体の外に出てくるほどの量ではありません。

また破れる時の痛み、つまり排卵痛も自覚するほど強くありませんが、敏感な人は排卵痛を軽く感じることがあります。

排卵痛の原因とは

排卵痛の原因として考えられることは主に2つあります。

1つは女性ホルモンの影響と卵巣の腫れです。排卵すると卵巣の中には黄体とよばれるものが残ります。

黄体とは排卵前の卵子が入っていた袋である卵胞が、排卵後に変化したものです。

黄体が残ることで卵巣全体が少しだけ腫れた状態になるため、その影響で下腹部が張ったり痛みを感じたりするというしくみです。

また、排卵が終わると卵巣からは多量のプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されていきます。

このホルモンが分泌されると腸の動きが悪くなりやすいため、下腹部の張りなどの症状が出やすく痛みにつながるのではないかと考えられています。

もう1つは前にも述べた排卵時の傷です。

排卵すると卵巣の表面が破れて傷ができ、その際に出血がわずかながら起きます。

通常は自覚するほどの量は出血しないのですが、時に出血量が多いと周囲の臓器を圧迫するため、下腹部が張ったり痛みを感じる原因になります。

放置しておくと怖い卵巣出血

注意しておきたいのは、排卵による卵巣表面の破れた部分が大きいと多めに出血することがあるということです。

これを卵巣出血とよびます。多くの場合は自然に出血が止まり、腹腔内にたまった血液は自然に吸収されますので安静にしていれば治っていきます。

しかしまれに出血がとまらず痛みが悪化する場合があるのです。

排卵の前後は卵巣の表面が傷ついて出血が起こりやすい時期なので、激しい性交渉は避けたほうがいいでしょう。

卵巣出血が起きると下腹部に激痛が走り、出血量が増えて貧血が起こったり血圧が下がったりします。

さらにひどくなると顔面が蒼白になってショック状態になる時もあります。

このような状態になった時は手術によって止血させなければならないこともありますので我慢は厳禁。

立っていられないような激しい痛みが起きたらすぐ婦人科を受診することをお勧めします。

また生理周期が安定している人だと排卵による出血や痛みかどうかを判断しやすいですが、生理不順の人は排卵時期が予測できないだけに、その出血や痛みが排卵によるものかどうかを自己判断するのは危険です。

子宮内膜症や子宮筋腫・子宮がんなど出血や下腹部の痛みを起こす疾患はたくさんありますから、たぶんそうだろうと思い込まずにできるだけ受診して出血や痛みの原因を知っておきましょう。

良い卵子を排卵したい人・基礎体温を整えたい人、子宮内膜を厚くしたい人は「妊活マカ」がマストアイテム

排卵を起こすのは卵巣ではなく「脳」

排卵とホルモンの関係

排卵は卵巣で起こります。でも、その指令を出すのは「脳」。

卵巣は脳から2つの性腺刺激ホルモンの指令を受けています。
視床下部の指令により下垂体から分泌されるホルモンにより卵胞の成熟、排卵、子宮内膜の増殖、黄体化、基礎体温の高温化などがおこるのです。

つまり、このホルモンの分泌がうまくいかないと排卵障害を招くことになります。

↑卵子の成長、子宮内膜の肥厚、排卵促進、着床準備、黄体化、高温期の維持。

全てが繋がっていることがわかります。

LHとFSHなどホルモンのバランスを整えることの重要性はここなのです。

ホルモンのバランスが整うとどんな事が起こるの?

ホルモンはこんな役割があります
子宮内膜が厚くなる
排卵時期が安定する
排卵後基礎体温がしっかりと上がる
基礎体温の改善
高温期の維持
卵胞の発育を促す
黄体機能の改善
LHサージが起こる
生理不順の改善

ホルモンが整うことでこれらのことが期待できるのです。

なぜならば、「生理〜排卵〜着床〜妊娠」まで様々なホルモンが卵胞の成熟や排卵、薄い子宮内膜を排卵後厚くするなどの役割をもっているからです。

>>生理周期・ホルモンの絶妙なバランス・排卵〜着床までの関係

マカを与えたラットの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の血中濃度を測定結果に注目!

「妊活にマカが良い理由」とされる注目の研究結果を知っていますか?

ラットに軽いストレスを与える環境下で、一方のラットにはマカを食べさせ、もう一方のラットにはマカを与えないという実験が行われました。

そしてそれぞれのラットの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の血中濃度を測定すると…。

マカでLHが上昇 マカでFSHが上昇
驚きの研究結果は…

マカを服用したラットは、マカを服用していないラットと比べると
●黄体形成ホルモン(LH)が4.5倍に上昇
●妊娠可能な卵子にするために必要な卵胞刺激ホルモン(FSH)は19倍上昇

という結果が出ました。
※ イギリス学術誌「Journal of Ethnopharmacology」掲載
中村学園大学 大学院・栄養科学研究科 内山文昭教授
※実験には株式会社ヤマノのマカを使用
http://researchmap.jp/2013/

LHとFSHは生理や基礎体温、排卵、卵子の発育に大いに影響を与えるホルモンです。

私が妊活中の方にマカサプリをファーストチョイスして欲しい理由はココなのです。

妊活・排卵のためにはどのマカサプリがいいの?

数々あるマカサプリ。その中でも私も飲見比べの上一番信頼し友人にもすすめているのが「ハグクミの恵み」です。

>>私の「ハグクミの恵み」口コミレビューはこちら→



「ベンジルグルコシノレート」が一般的なマカと比べて十数倍も多く入っていることとザクロが入っていることが私の決め手でした。

薬理効果が期待される成分「ベンジルグルコシノレート」

ハグクミの恵みは日本産マカを使っているので、マカの成分の中で注目されている「ベンジルグルコシノレート」が一般的なマカと比べ十数倍も多く含有されています。

このベンジルグルコシノレートは成長ホルモンの分泌を促進させ、滋養強壮、女性ホルモン分泌の促進を助ける注目成分と呼ばれ注目されています。

通常のマカの数倍の栄養素を全絞りしているから高純度・濃厚

「マカザクロサプリメント ハグクミの恵み」は一般的なマカと比べ、アルギニンが4倍、ギャバやリジン、プロリンも多くなっています。

その他、ミネラル・トリプトファン・リジン・亜鉛・サポニンもたっぷり含有され、ザクロエキスが配合されていることにより女性にはとても大切な巡りもサポートしてくれます。

ザクロの注目点はココ!

ザクロは植物性エストロゲン様物質と豊富なポリフェノールが配合されているので、「女性らしさ」と「バランス」に影響を与えるスーパーフルーツとも呼ばれています。

数あるマカの全体生産量の中でたった5%しか採れない「アンデス産地の希少な黒マカ」を配合

この「黒マカ」がハグクミの恵みの栄養素がすぐれている理由のひとつ。
「黒マカ」は通常のマカと比べてアルギニンの量が多いのを知っていましたか?
アルギニンは「アミノ酸の父」と呼ばれ、その特徴はヒト成長ホルモンの分泌促進と免疫力の保持です。

脳の視床下部や脳下垂体の働きを調整して体内のホルモン分泌を調整します。
黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンなどの女性ホルモンバランスのバランスを調整
このホルモンの乱れが無いことが、「卵子の発育、排卵、着床」の条件となります。

マカサプリは「ホルモンの分泌とバランスの調整作用」が特徴

マカでLHが上昇 マカでFSHが上昇

女性の体のサイクルはホルモンに支配されています。

「生理〜排卵〜着床〜妊娠」まで様々なホルモンが卵胞の成熟や排卵、次のホルモンの形成とつながっているんです。

排卵日がバラバラだったり、生理不順だったりなかなか高温期が安定しない場合はホルモンのバランスが乱れているのかもしれません。

そんな悩みをお持ちの方におすすめなのがマカなのです。


先着300名限定!

期間限定の特別キャンペーン中!毎月先着300名限定で初回60%OFFの特別価格2,980円からはじめられます。
このキャンペーンのすごい所は2回目以降も継続して割引になるところです。
2回目以降は20%OFFで買えますのでキャンペーン中にはじめられた方が絶対にお得です!

排卵とマカの関係まとめ

私が妊活中の方にマカサプリをファーストチョイスして欲しい理由は、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)などのホルモンバランスを整えて排卵〜受精〜着床までをしっかりと安定させるため。
ホルモンバランスを整え、まずは排卵を安定させることが妊娠への近道です。

\ 今なら初回「約60%オフ」でおトク! /

口コミと詳細は ハグクミの恵み公式サイトへ
排卵に関するこんな悩みで困っていませんか?

排卵がずれる排卵が早まる・排卵が遅れる
高温期の体温が下がってしまう
卵胞発育不全ぎみ
黄体機能不全ぎみ
排卵検査薬が陽性にならない
排卵検査薬が薄い
排卵後基礎体温があがらない
生理が不規則(生理不順)
高温期が短い
基礎体温がガタガタ
なかなか高温期にならない
高温期が短い
子宮内膜が薄い

これらの悩みは、FSHとLHが大きく関与しています。
マカには、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。


だから私は妊活中、最初のサプリはマカを選びました。

妊活卒業生の管理人が、妊活中どうしてマカサプリを選んだのかをくわしくまとめてあります。
選んだ決め手とその理由は「ホルモンバランスを整えたいから。卵子の成長と排卵が妊活の基本だからです。」
どうしてマカを選んだのかをできるだけくわしく書いたつもりです。

私もかつてのあなたと同じ悩みがあったから。
皆さんの参考になると嬉しいです…(*´ ˘ `*)♡ e-排卵 卵子を育て良い排卵と着床を目指す「マカサプリ」の選び方

 - 排卵の基礎知識

  関連記事

排卵の周期としくみ
排卵の周期としくみ

排卵は女性が健康に過ごす上で欠かせない現象です。 しかしどういったしくみで起こっ …

着床障害だと受精しても妊娠出来ない?
着床障害だと受精しても妊娠出来ない?

着床障害は不妊の原因としてはあまり知られていませんが、妊娠の成立ができないという …

基礎体温がいつまでたっても上がらない場合
基礎体温がいつまでたっても上がらない場合

妊娠したい人にとって、基礎体温のデータがとても参考になるものだということは徐々に …

卵胞・卵子の発育と生理周期の関係
卵胞・卵子の発育と生理周期の関係

ひとつの生理周期の前半は卵子の成長期間ですが、この期間が生理周期が安定するかどう …

生理周期と子宮内膜の変化

生理周期が安定するポイントは卵胞が成長する前半という話をしましたが、子宮内膜が成 …

基礎体温が低くても妊娠出来る?体温をあげる方法
基礎体温が低くても妊娠出来る?体温をあげる方法

基礎体温をつけているとさまざまな不安や悩みが出てきますね。 その中で「基礎体温の …

卵子の老化と妊娠への影響度
卵子の老化と妊娠への影響度

数年前、テレビ番組で特集された卵子の老化が大きな話題となったことは記憶に新しいで …

《高温期中の体温低下》インプランテーションディップ
《高温期中の体温低下》インプランテーションディップ

インプランテーションディップという言葉をご存じでしょうか。 妊活中の人にとっては …

妊娠検査薬は陽性でも基礎体温が下がる
妊娠検査薬は陽性でも基礎体温が下がる場合

妊娠をめざして妊活をがんばってきた結果、妊娠検査薬で陽性反応が出た瞬間は本当にう …

基礎体温 高温期への移行がゆっくり
基礎体温 高温期への移行がゆっくり

基礎体温を測り始めた時は毎朝の測定が面倒に感じるものですが、慣れてくると自分の体 …